kamaccoとは

つかもとではこれまで「峠の釜めし」容器としての土釜を製造してきました。
この「峠の釜めし」容器は形こそ土鍋になっておりますが「容器」として製造されているため、実は耐熱性が低く、火にかけると割れが発生してしまう可能性がありました。
しかし、お客様より「この容器でご飯を炊いてみたい」「美味しい土鍋ご飯が食べたい」というご要望を数多く頂戴していく中で、本格的な土鍋の開発がスタートしていきました。

改良に改良を重ねながら、ようやく納得の行く製品ができあがり「耐熱性」「耐火性」に優れた土鍋(土釜)「kamacco」が誕生したのです。
この1合炊きの「kamacco」は手軽に簡単に美味しくをテーマにした、つかもとのオリジナル商品です。
是非一度土鍋で炊いたご飯をご体験くださいませ。

土鍋で炊いたごはんは
なぜ美味しいのか?

美味しさのポイントは3つあります。
一つ目は“ゆっくり、じっくり温まる”ことです。熱しやすく冷めやすい金属と違い、土釜はゆっくりと熱を伝えて、じっくりと温めていく特徴があります。これによりお米の甘味がしっかりと引き出せます。

二つ目は“全体が温まる”ことです。加熱中は蓋まで熱が伝わります。全体が温まるので土釜内部の対流がより強くなり、ふっくらと炊き上がります。
三つ目は“保温性に優れている”ことです。火を止めた後の蒸らし時間中も熱を保ったままなので、余分な水分を蒸発させ、ひとつぶひとつぶのお米が立った状態になります。また、遠赤外線の効果によりお米にもしっかりと熱が伝わり美味しいごはんに炊き上がります。

kamaccoの特徴

内蓋、外蓋の二重構造で吹きこぼれを防ぐ

蓋の役割はとても重要で、加熱で内部を適度に加圧し吹きこぼれを防ぎ、細かな火加減調整をしなくても手軽に簡単に美味しいごはんを炊き上げることが出来ます。また、二重蓋にしたことで蓋の軽量化ができ、出し入れやお手入れがしやすくなりました。

外蓋が飯碗代わりとなり、
内蓋と土釜で保温性の高いおひつに

外蓋は”蓋”以外に”食器”の機能も持っています。外蓋の大きさは、ちょうど一般的な飯碗と同じサイズで蒸気穴も小さいので、炊き立てのごはんを食べる際に飯碗代わりとしても使えます。また、内蓋と土釜本体の組み合わせで、保温性に優れたおひつとしても使えます。

内蓋でお米とお水を計量できる

  • 内蓋へは”計量する機能”を付け加えました。内蓋にお米を入れ、すりきり分が1合の分量となり、蒸気穴を塞いだ状態でお水を目一杯入れた量が1合の分のお水の量となります。

  • 外蓋や内蓋に蓋以外の機能を持たせた土釜はkamacco以外にはありません。

kamaccoで美味しいご飯を炊く

土鍋ごはんを簡単にそして美味しく炊くための方法を、新婚サキちゃんが丁寧に案内してくれる「kamaccoレシピ動画」です。
kamaccoを使った基本のごはんの炊き方から、レンジを使ってご飯を炊く方法、キャンプでも活躍するkamaccoの魅力まで紹介しています。4分〜8分程度の動画になっていますので、kamaccoを初めて利用する前に一度ご確認いただければ、失敗をなくして、さらに美味しく土鍋でご飯を炊くことができますよ!

  • キャンプで大活躍!土鍋でご飯を炊いてみました。”新婚サキちゃん”のkamaccoレシピ
  • 電子レンジを使って土鍋でご飯を炊いてみました。”新婚サキちゃん”のkamaccoレシピ「奮闘編」
  • 耐火性抜群のkamaccoでチーズフォンデュを作ってみました!”新婚サキちゃん”のkamaccoレシピ「奮闘編」
  • step1

    内蓋でお米とお水を計量

    内蓋を使いお米を入れ、すりきり分が1合の分量となります。また、内蓋の蒸気穴を塞ぎお水を目一杯入れると1合分のお水の量になります。

  • step2

    内蓋と外蓋を土釜本体にセット

    1合分のお米とお水を入れ、内蓋・外蓋をセットします。ガスコンロに乗せる前に土釜本体に(特に直火があたる部分)水気が残っていた場合には拭き取ってください。

  • step3

    コンロの最弱火で約20分加熱

    火加減調整は必要ありませんので、最弱火のままで炊きます。ご使用のコンロの五徳に乗せた時に不安定な場合は網等を敷いてお使いください。加熱時間は約20分となります。

  • step4

    炊上り後は10分程蒸らす

    炊き上がる頃、蒸気穴から少しこおばしい香りがします。これはおこげが出来たサインですので火を止めて10分程蒸らしてからお召し上がりください。

kamaccoを使ったレシピ紹介

  • recipe1

    kamacooで炊き込みご飯

    <炊き込みご飯の材料と作り方>
    ・鶏肉:40g
    ・人参、しめじ、えのき、しいたけ:各30g
    ・油揚げ:1/2枚
    ・お米:カップ2/3
    ・[調味料]醤油、酒:各小さじ2
    ・[調味料]みりん、だし:各小さじ1
    ・卓上コンロ、固形燃料25g

    1. お米を研ぎ、お水と一緒にkamaccoに入れます。
     (お水はkamacco内蓋の8分目程度)
     (お米は水を吸わせるため30分程度放置します)
    2. 調味料を混ぜ合わせkamaccoに入れます。
    3. 具材をちょうどよい大きさに切りkamaccoに入れます。
    4. 卓上コンロに固形燃料を入れたらkamaccoを乗せ火をつけます。
     (固形燃料がちょうど燃え尽きるまで待ちます)
    5. 固形燃料の火が燃え尽きたらそのまま10分程蒸らして出来上がり。

  • recipe2

    kamaccoでチーズフォンデュ

    <チーズフォンデュの材料と作り方>
    ・ピザ用チーズ:150g
    ・牛乳:150cc
    ・片栗粉:大さじ1
    ・お好きな食材

    1. チーズと片栗粉を混ぜ合わせます。
    2. kamaccoに牛乳を入れて火を付けます。
    3. 牛乳が温まってきたら[1]を入れてとろみがつくまで混ぜたらできあがり。
    4. お好きな食材を[3]にからめてお召し上がりください。
    ※火は一度消したほうが焦げ付かなくていいかもしれません。

よくあるご質問

お米を炊く時間はどれぐらいになりますか?
ガスコンロで火にかけましたら、最弱火にて約20分程度で炊き上がります。水加減にもよって変わってきますので、20分を目安に香ばしい香りがしてきたら火を止めていただき、約10分程蒸らしてください。
失敗しないためのコツや火加減を教えてください。
まず、お米をしっかりとぎましたら、お水の中にお米を10分程度浸した後、ガスコンロの火にかけますが、この時【最弱火】にすることがポイントになります!
【最弱火】にしましたら、20分程度火にかけ火をとめます。
火をとめた後10分程度蒸らしたら出来上がりです!
水加減、火加減さえ間違えなければふっくら美味しいご飯を炊き上げることができます。
IHに対応していますか?
残念ながらIHには対応しておりません。もし、オール電化のご自宅という場合は、卓上型のガスコンロか、卓上のミニコンロを利用し固形燃料にて御利用下さいませ。
なお、卓上ミニコンロと固形燃料がセットになった「kamacco めし炊き名人セット」をご用意しております。

kamacco商品一覧